任意整理中でも返済と弁護士報酬の支払いでどうしてもお金がいる

任意整理中でも返済と弁護士報酬の支払いでどうしてもお金がいる


任意整理を依頼して、任意整理の取り決めが専門家と金融業者との間でなされると、話し合いに基づく借金の返済が始まるわけです。

しかし、専門家への報酬の支払いと金融業者への返済が重なると、毎月の負担も重く支払うのが大変になってしまいますね。しかもどこにもお金が借りられない状況になっています。任意整理をしたのに借金が返せないような状態になってしまってはいけません。

このような時は弁護士や司法書士など専門家に依頼して、金融業者への支払いの開始時期をずらしてもらうことにしましょう。

給料などで収入を得ていて、毎月の収入が一定の方は、返済できる金額も毎月一定です。

一定の収入の中から金融業者への支払いと専門家への報酬の支払いを同時に行うのは非常に大変です。

まずは専門家への報酬の支払いを毎月一定額支払い、完了後に金融業者への支払いを開始するように、返済時期を専門家に依頼してずらしてもらうのです。

任意整理の専門家も自分の報酬の支払いで依頼者が経済的に苦しい状況になるのは望まないでしょうから、こうした交渉は進んでやってくれます。

最近ではこちらからそのような申し出をしなくても、最初から自分への報酬の支払い額を計算し、それが完済できてから金融業者への支払いを始める手続きを行う法律事務所や司法書士事務所も増えています。

任意整理をして専門家への支払いと金融業者への支払いを同時に行うのが大変だと思っている方は、そのような心配は不要です。安心して任意整理を行えます。

このページの先頭へ