任意整理中でもお金を借りるのは違法?貸してくれるところは大丈夫か

任意整理中でもお金を借りるのは違法?貸してくれるところは大丈夫か

任意整理中にお金を借りるのが違法ではないかと考える方もいるかもしれません。

しかしそんなことはありません。

任意整理とは弁護士や司法書士など債務整理の専門家と金融業者の間で、今後の返済計画についての取り決めを行うことです。

あくまですでに借りているお金の返済計画を話し合うもので、そこには、今後の借金の借入を制限するような法的拘束力のある取り決めはありません。

そのため任意整理中だからといってお金が借りられないのは、法律で定められているからではなく、ただ単に金融会社の方で審査で通さないからというのに過ぎません。

任意整理中にお金を借りることは任意整理中の方でも借り入れが行える金融会社であれば可能です。しかし、銀行や大手の消費者金融であればそのような方に対する貸付は行っていないでしょう。申し込んでも審査で間違いなく落ちます。

任意整理中でもお金を借りられる可能性があるのは、中堅や中小の消費者金融や街金融になります。こうしたところは大手ではお金が借りられない属性の方に貸付を行うことで大手との差別化を図っています。

そのため大手では、ブラックリストを理由に審査に落ちてしまう方でも、中堅や中小の消費者金融や街金であれば、単純にブラックリストに載っているというだけでは貸付の判断を行わず、現状の仕事や収入、借り入れや返済の状況などを見て、貸付が行えるかどうかを判断します。

大手の消費者金融に比べれば審査が甘いといわれる中堅や中小の消費者金融ですが、実際は審査が甘いのではなく、審査で重視しているポイントが異なるということです。

任意整理中でもお金を借りることは、法的には何ら問題がありません。

任意整理中でも突然の出費でお金のやりくりに困ることはあるでしょう。

そのような場合はこうした中堅や中小の消費者金融に借入を行うことも頭の片隅に置いておくと良いでしょう。

このページの先頭へ