任意整理と自己破産で消費者金融でお金を借りる審査結果は違うのか

任意整理と自己破産で消費者金融でお金を借りる審査結果は違うのか

同じ債務整理でも任意整理と自己破産では大きく異なる部分がいくつかあります。

任意整理は専門家が間に立つものの、あくまで自分と金融業者との間で利息の支払いや返済額を相談する手続きになります。

それに対し自己破産は国が間に立って、免責がおりれば借金を帳消しにできる制度です。

任意整理中の方は現在も返済を続けているので、ある程度収入があり、金融業者へも利息の支払いはないかもしれませんが、元本にあたる金額は返済しようとしているわけです。

それに対し自己破産の場合は、金融業者としては貸付た元本さえも回収できないわけです。

金融業者の立場に立った場合、どちらにお金を貸すのがリスクが高いか、一目瞭然ではないでしょうか。

自己破産を行って5年以上が経過している場合であれば、ひとまずクレジットの個人信用情報には事故情報が消えますし、5年の間に気持ちを入れ替えて仕事に取り組み、収入も大きく増えている人もいるでしょう。

そのような方であれば、銀行や大手でお金を借りるのは難しいかもしれませんが、中堅や中小の消費者金融であればお金を借りられる可能性は高いでしょう。

任意整理や自己破産を行ってまだ日が浅いうちは、金融業者としてはどちらもお金を貸したくないかもしれませんが、どちらかといえば任意整理中の方の方が審査は有利でしょう。自己破産を行う方は、収入が無くなって自己破産をされる方が多いということもあります。

審査のやり方は同じでも、審査を受ける時期やタイミングによってその内容は変わってくるということですね。

このページの先頭へ